野村牧場

野村屋にお肉をお届けする下野市の野村牧場は昭和53年、5頭のホルスタインから始まりました。
平成元年に野村牧場の看板を掲げ、現在では約1,000頭の交雑牛が育てられています。
長い飼育期間にたっぷりと餌を与えられた野村牧場の牛は、赤身と脂肪のバランスの良さが特徴です。

動画で見る野村牧場の全て

栃木県下野市の野村牧場の育て方、牛へのこだわりなど、動画でご紹介します。

哺乳瓶

愛情

仔牛への哺乳は全て手作業。
愛情を注ぐことでおとなしい
牛になります。

牛

飼育期間

3つの飼育時期によって餌を
変えて育てています。

牛②

改良したエサ

野村ブランドという餌を開発。
米を数パーセント入れることで肉に
甘みが出ます。

掃除

衛生管理

月に一度、牛舎全体の消毒を行うなど、
衛生面の管理を徹底しています。

愛を感じるキャッチください

哺乳期間

哺乳瓶から手作業でミルクを与えます。 愛情を注ぐことでストレスが減り、おとなしく育ちます。 また、哺乳瓶は使用のたびに殺菌、小屋のおがくずは毎日追加することで清潔に保っています。

仔牛

育成期間

チモシーという栄養価の高い干し草をたくさん食べさせ、食欲をわかせたのち、サトウキビが原料の発酵飼料を与えます。 スタッフは食べ残しを見て、体調管理をします。 また、牛舎を清潔に保つため、頻繁に敷草を交換します。

牛③

肥育期間

野村ブランドという秘伝の家畜飼料を食べさせます。 米を数パーセント入れることで、肉に甘みが出ます。30か月かけて育てることで、栄養価が高く、水分の抜けた上質な肉になると言われています。

牛④

特徴はこの分厚さ。

餌をたくさん食べさせて育てた野村屋の交雑牛は分厚く、
赤身には綺麗なサシが入るのです。

分厚さか

HACCP

農水省が推薦する衛生管理システムを導入。
製造過程の管理を徹底しています。

私たちが育てています!

牧場見学も受け付けております。
見学についてや牧場のことについてなど、お問い合わせはこちらからお願いします。

スタッフ

幅広い世代に愛される味

愛情こめて育てました。

野村牧場のお肉は牧場直営焼肉野村屋で食べられます。
ご来店お待ちしております。

肉